MODOでのスケルトンデフォーム(ボーン変形)の基本的な考え方

MODOでのスケルトンデフォーム(いわゆるボーン変形)について、MODOの「バインド」機能ではなく、手動でボーン変形のセットアップをしてみようと思います。手動でセットアップすることで、基本的な考え方を紹介したいと思います。

スケルトンは見た目こそスケルトンですが、内部的にはロケーターです。
なので、ボーンでなくても、他のアイテムをロケータにすることができます。
また、手動でセットアップできると、ボーンを追加するときなども、簡単に追加できます。

  • スケルトンとウェイト
  • デフォーマ
  • スケマティックでの関連付け
  • 正規化フォルダ

Social

Related Posts

Comment

“MODOでのスケルトンデフォーム(ボーン変形)の基本的な考え方” への1件のコメント

  1. Maria Smith より:

    Thank you for the article.

    Great blog that I enjoyed reading.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ

Youtube Channelへ