レンダーパスの使い方

601から付いた便利な機能「レンダーパス」の使い方について紹介しようと思います。

レンダーパスは素材を分けてレンダリングしたり、別のマテリアルやテクスチャを割り当てて比較検討したいときなどに便利な機能です。チャンネルの変化をパス毎に記録してくれます。

主に以下のような流れで作ります。

  1. Pass Groupを作る。
  2. Passを作る。
  3. 情報を登録する。(このときAuto Addにしておくと便利)
  4. Pass Group毎にレンダリングする。

少し込み入った事をしようとするとMODOのシェーダー周りの構造を理解しておく必要があります。ただ、使いこなせるようになると、素材を沢山出してコンプするような方はすごく助かるツールになると思います。

Social

Related Posts

Comment

“レンダーパスの使い方” への2件のフィードバック

  1. Tracy Mckay より:

    I enjoyed readig your blog.

    I want to thank you for the hard work.

  2. Ivon Gregory より:

    I enjoyed your wonderful blog.

    Thank you for the very hard work done.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ

Youtube Channelへ